思春期ニキビを治した体験談-その1 担任の先生に言われた酷い一言で

思春期ニキビを克服された方に体験談をお聞きしました。

私は15歳の、中学3年生の時が一番ニキビがヒドかったです。

実は自分ではそれほど気にしていなかったのですが、ある日担任から呼び出され、

「君、変な病気じゃないのか?皆に伝染ったら困るから、
一度病院で検査してもらったら?」

と言われたのが本当にショックで、真剣に治そうと思いました。

いろいろな市販のクレンジングクリームを使ったり、
洗顔用の水のPH値を調節してみたのですが、
ほとんど効果は現れませんでした。

ある日母が「麻の布は肌に大変やさしくて健康によい」という噂を聞きつけ、
麻のタオルで顔拭いてみたらどう?と勧められ、
タオル変えたぐらいじゃどうにもならないだろ…と思いつつも、
洗顔の方法に行き詰まっていた私は、とりあえず使ってみることにしたのです。

普通の手洗い用の石鹸で顔を洗った後、麻のタオルで拭きとる…
麻のタオルは大変気持ちよく、
拭きとった後のサッパリ感がほかのタオルと全然違いました。

この感触が好きで、麻のタオルでの顔拭きは日課になっていきました。
そして、一ヶ月ほどすると…不思議なことに、ニキビがほとんど
目立たなくなってきたのです。

特別な薬品など使っていないので、本当に驚きました。

友達にタオルのことを話しても、あまり信用してもらえませんでしたが…
その後もポツポツと、少量のニキビが出ることはありましたが、
以前のように大荒れになることは全く無くなりました。

大人になった今、もうニキビは出ませんが、
麻のタオルの使用は現在も続けています。

user2(東京都 K.Tさん)

 
そんなことを言うなんて、ヒドイ担任でしたねヽ(`Д´)ノ★

麻のタオルがお肌に良いのですね!!
ホントに、気持ちよさそう。

118.152.929305.112

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事: