ニキビとホルモンの関係(男性の場合)

大人ニキビは、思春期のニキビと違って
男性ホルモンが大きく関係しているといわれています。

2013279761745

これは、ストレスが大きく関係しています。

ストレスがかかると、副腎皮質が刺激され、
男性ホルモンが増加する場合があります。

というのも、ストレスがかかると、そのストレスに抗力を得るための
コルチゾールというホルモンが副腎皮質から分泌され、
脳からの命令で副腎皮質が刺激されます。

すると、ここから分泌される男性ホルモンの量が増えるのではないかと
言われているのです。

男性ホルモンが増えると、身体の毛が濃くなりますが、頭の毛は薄くなり、
ひげは濃くなる、そして皮脂の量が増え毛穴がつまります。

顎周りにニキビができるのはこのためだったのです。

普通は、脳にある視床下部が、血液に含まれるホルモンを濃度で確認して、
脳下垂体に調整するように命令を出します。

脳下垂体から放出される色々な刺激ホルモンによって、
各臓器から体の機能を正常に保つためのホルモンが分泌されるのですが、
強いストレスを受けることによって、視床下部のコントロールがうまくいかなくなり、
ホルモンのバランスが取れなくなってしまうのです。

2013271963932

視床下部というところは、自律神経の働きのコントロールもしているので、
ストレスで自律神経が乱れたりすると、ホルモンの不釣り合いが一緒におこってしまい、
ニキビのできやすい状態になってしまいます。

ストレスというのは本当に色々なところに影響を及ぼしますね。

そのストレスの原因の一つでもある、睡眠不足ですが、
対策としては、

1.寝る前にパソコンや携帯の画面をみないこと。

2.寝る前にカフェインの入った飲み物を飲まないこと。

3.温めのお湯につかる、ホットミルクを飲むなど、
体を温めてリラックスすること。

などが挙げられますが、
意外とカルシウム不足だと質の良い睡眠が得られないらしいのです。

イライラしている人を見るとよく、カルシウム不足などと言いますが、
そうではなくて、リラックスしていないから、いつも緊張状態なんですね。
だからイライラというか、ピリピリしてしまうんですね。

大量の飲酒はいけませんが、お酒のつまみをスナック菓子ではなくて小魚にするとか、
お肉料理を魚料理にするだけでも、カルシウムが摂れますね。

2161872
ししゃもなど、良いですね。

カルシウムを摂って、質の良い睡眠を取りたいですね。

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ