大人ニキビを治すスキンケア

大人ニキビの原因は様々ですが、
毎日の洗顔でしっかりと毛穴の汚れを落とすことが大切です。

まず、両手を洗いましょう。
お化粧をしている方はまず、クレンジングから。

クレンジングはオイルタイプより、肌にやさしいクリームタイプを
おすすめします。

まず、クリームを手のひらにのせ、両手でクリームを温めます。
肌温になったら、顔にやさしくのせ、ゆっくりマッサージするように洗います。
30秒くらいでOKです。

2013251590710

その後、洗顔でしっかり洗い流しましょう。
泡はしっかり泡立て(泡立てネットを使うと簡単にクリーミーな泡が作れます。
100円ショップにあります)、ゴシゴシこすってはいけません。
毛穴に皮脂、汚れが残ってしまい、ニキビを悪化させてしまいます。

泡で顔を包み込むようにやさしくマッサージするように洗います。

すすぎは30度程度のぬるま湯で、生え際までしっかりすすぎます。
洗い残しがないかチェックしましょう。

いったん鏡ですすぎ残しがないかチェックして、耳の後ろ、首、耳の穴もチェックしましょう。

そして、繊維のやさしいタオルで優しく押さえるようにふきとります。
この時も擦ってはいけません。

その後、化粧水でしっかり肌を整えましょう。
目安は お肌が化粧水を吸収しなくなるまで。

そのあと、お肌の水分を外に逃がさないように、
保湿クリームを塗ります。
これもイメージはお肌に乗せるだけ。こすらな いでくださいね。
優しく乗せてせてください。

そうそう、最近よく見る、
”これ一本で化粧水もクリームも美容液もOK”的な広告。

何がOKなんだ!?
私はこの商品はお肌の強い人、ニキビとは無縁の方が唯一使用できる化粧品だと
思っています。
(私は一度も使用したことがありませんが)

確かに、簡単です。”それ一 本ですべて”というのは魅力的です。
コスト的にも。
でも、肌はお手入れすればするだけキチンと答えてくれます。

”クレンジングと洗顔1本でOK”のものを使うよりも、キチンとクレンジングして、
ふわふわの泡でやさしく洗って、化粧水でたっぷり水分補給して、クリームを塗って、
見ているだけで面倒、やったらもっと面倒ですが、
きちんとお手入れしている人としていない人の肌は違います。

他人のスッピンの肌触って、自分の肌と比べたことはありますか?

綺麗な肌の人はきちんとお手入れしているので、触るととても柔らかいです。
固くてごわごわしている人は、お肌のターンオーバーがうまくいっていなかったり、
毛穴に汚れがたまってしまっている可能性があります。

お肌が固いと、どんなにいい化粧品を使っても、吸収されません。

クレンジング&洗顔をきちんとつづけていれば、角質も毛穴の汚れも取れ、
肌のトーンもあがり、肌も柔らかくなります。
お肌がその状態になれば、もうこっちのもんです。
もっと自分のお肌を労わって、どんどんきれいになっちゃいましょう。

pika

118.1523342.95.112⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ