ニキビを治す方法・・・「保湿」編

ニキビを治すには、保湿が必要な場合があります。

若いころにできるニキビ=皮脂というイメージですし、
一般的にはそう言われることが多いですよね。

皮脂を取り除くことに重点をおいてケアをしている人にしてみれば、
保湿が必要なニキビと聞くと、え?と、思うかもしれませんね。

もし、あなたの今できているニキビが保湿が必要なニキビだとして、
ニキビ洗顔フォームやニキビ洗顔料を使って皮脂を取るケアをしていたら、
肌の正常な状態が崩れて、働きが低下して、かえってニ キビを悪化させてしまいます。

2012205662688

肌がしっかりと保湿され、正常な状態に保たれていれば、
自浄作用が働いて、アクネ菌などの増殖を抑制してくれますので、
しっかりと保湿されていればニキビはできにくくなります。

しかし、保湿された状態が崩れてしまうと、
様々な外部刺激の影響を受けやすくなり、ニキビが悪化してしまいます。

では、あなたのニキビタイプはどれにあてはまりますか?

乾燥肌・オイリー肌・混合肌

nayamu

乾燥肌タイプ:
主にセラミドと呼ばれる脂質の不足で、
肌の外部の角質層が乾燥している肌のことです。
乾燥していてもニキビができることがあり、その場合は特に保湿が必要です。

オイリー肌タイプ:
見てそのまま、脂浮きする肌のことです。
糖分やアルコール、油分の摂り過ぎが原因と言われています。

混合肌タイプ:
脂浮きもするけど、乾燥もする部分が混在している状態のことで、
Tゾーンは脂浮きしやすいけど、目の回りなどは乾燥しやすくなる状態です。

普段は脂浮きしていても、洗顔後に肌がつっぱると感じられる場合は、
乾燥肌タイプということになり、保湿が必要なタイプということになります。

保湿といっても、水分を与えれば保湿されるわけではなく、
水分と共に天然保湿因子が必要です。

これは、角質層や角質細胞の中にあり、水分を吸収し、
しっかりと保持してくれる物質のことです。

主成分はアミノ酸、乳酸、クエン酸塩、尿素からなっていて、
それらが水分をしっかりと抱え込み、保湿をする働きがあります。

この機能が低下すると、水分を保持する力が低下して、
保湿状態がくずれてしまいます。

化粧水 をつけた直後は潤っているように思えますが、
水分が蒸発してしまうと、かえって乾燥してしまうこともあります。

自分の肌タイプをきちんと把握して、
間違った基礎化粧品選びをしないように気をつけましょう。

118.152.929305.112

118.1523342.95.112⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ