背中ニキビを治した方に、お話しを伺いました。

顔のニキビは10代から20代半ばである程度落ち着きましたが、 背中のニキビは20代後半まで悩みの種でした。

特にひどかったのは20代前半のころですが、 背中のニキビは自分で見えないので、最初はあまり気にしておらず、 痛みなどもなかったので、通院したり薬を塗ったりということも していませんでした。

背中ニキビ 治し方 スキンケア

気になりだしたのは大学生の頃で、当時ダンスサークルに所属しており、 背中が大きく開いた衣装を着る機会がたくさんありました。

その時男性の先輩に 「背中が汚いな〜」と言われショックを受けました。

初めて良く背中を見てみると、背中の上半分にニキビがたくさんできており、 赤いものや、つぶれたニキビの跡などがあり、 これをさらしていたかと思うと、かなり恥ずかしいことをしていたと思います。 

それから自分なりに対処法を調べたのですが、まず、お風呂に入る時に、 シャンプーやトリートメントが背中に残っているとニキビができやすい という話を聞きました。

それまでは、まずシャンプーをして、 トリートメントを馴染ませている間に体を洗い、 最後にトリートメントを流すという順番でしたが、 シャンプーとトリートメントを先にして、 最後に体を洗うようにしました。

背中ニキビ 治す 方法 スキンケア

また、本を読んだりしているときに、 無意識に首の後ろや背中を手で触っていたのですが、 手についたばい菌がニキビの原因になると聞いて、 できるだけ触らないように注意しました。

後は、一時期下着のストラップで 透明のビニールタイプのものを多用していたのですが、 やはり汗を吸わないのか、その周りにニキビがたくさんできてしまったので、 現在はあまり使わないようにしています。

そうした対策を始めて5年以上経ちました。 現在でもニキビが全くなくなったわけではありませんが、 目立つような大きさの背中ニキビやニキビ跡は、ほとんどなくなりました。

背中ニキビ 治す 体験談(ともちん様 20代)

 

透明のビニールタイプのブラジャーのストラップ、オシャレな人は使いますからね・・・。
ヌーブラじゃ安定しませんからね。

でもやっぱり蒸れちゃいますので、あまり使わない方が良いですね。

 

⇒ズバリ、背中ニキビを治すには・・・

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

 

⇒トップページへ