思春期ニキビのスキンケア

思春期ニキビの場合、ホルモンのバランスの変化が皮脂の分泌を過剰にし、
毛穴をつまらせ、皮膚が厚くなり、白ニキビになります。

そこに、アクネ菌が増え炎症・化膿を引き起こすと、
赤ニキビになります。

毎日の洗顔でしっかりと皮脂を落とすことが大切です。
まず、両手を洗いましょう。

化粧をしている方は、まずはクレンジングから。
クレンジングは、オイルタイプより肌にやさしいクリームタイプをおすすめします。

まず、クリームを手のひらにのせ、両手でクリームをあたためます。
肌温になったら、顔にやさしくのせ、ゆっくりマッサージするように洗います。
30秒くらいでOKです。

その後、洗顔でしっかり洗い流しましょう。

泡はしっかり固い泡を泡立てます。(泡立てネットを使うと簡単にクリーミーな泡が作れます。
泡立てネットは100円ショップで購入できます)

決してごしごしこすってはいけません。
毛穴に皮脂、汚れが残ってしまい、ニキビを悪化させてしまいます。

泡で顔を包み込むようにやさしくマッサージするように洗います。

すすぎは30度程度のぬるま湯で、生え際までしっかりすすぎます。
洗いのこしがないかチェックしましょう。
いったん鏡ですすぎ残しがないかチェックして、
耳の後ろ、首、耳の穴もチェックし ましょう。

そして、繊維のやさしいタオルで優しく押さえるように拭きとります。
この時も決して擦ってはいけません。
優しく押さえるように拭くのがポイントです。

その後、化粧水でしっかり肌を整えましょう。
ニキビ用が使用感がスッキリしていいと思いますが、
収れん用と書かれているものの中には、刺激が強めのものもあります。

肌の敏感な方だと肌に合わない場合は 顔が赤くなったりしますので、
その時はすぐに使用をやめましょう。
敏感肌用を使う方が良いでしょう。

化粧水はつけおしみせず、たっぷり肌に与えてあげましょう。
目安は手のひらで触ってお肌が吸い付く感じでず。
これで十分水分が補給されていることになります。

その後、乳液やクリームなどで保湿し、水分が外に逃げないようにします。

乳液やクリームをつけた後に、いつまでも肌に吸収されずに、
ベトベトと皮膚の上にいつまでも残っている場合は、
肌に良くない成分が(鉱物油※1)含まれている場合があります。

購入する前に成分をチェックして、余分なものが入っていないか確認しましょう。

肌が必要とし ているものはすぐに吸収されます。
いつまでもべとつくことはありません。

※1 石油を蒸留・精製してできた油で、昔はよく化粧品に入っていて、
一時問題になったことがあります。肌トラブルの原因の一つとされています。

118.152.929305.112⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ