お風呂の入り方で背中ニキビが劇的に改善!?

お風呂に入るときにも背中ニキビを予防・改善できるコツがあるのを ご存知でしょうか?

バスタブ派?シャワー派?

まず普段の入浴について。 いつもバスタブには浸からずに、 ほとんどシャワーで済ませてしまうという人は、 背中ニキビができやすいので注意が必要です。 背中ニキビ対策にはまず何よりも、 ゆったりとバスタブに浸かり入浴することがポイントになります。 背中ニキビ 治し方 入浴 お湯に浸かって体を芯から温め全身の血流を良くすることで、 新陳代謝を促進させるのです。 新陳代謝がアップすると、 体内の老廃物や毒素が体外に排出されやすくなります。 この効果をできるだけ大きくするには、38℃~41℃前後の湯温に 10分~15分以上ゆっくりと入浴すると良いでしょう。 ※熱いお湯に長時間入るのは逆効果です。 さらに入浴前にコップ1杯の水を飲んで、 毛穴を開いて発汗作用を高めるのもおすすめです。

体を洗う順番【重要ポイント!】

それから全身を洗う順番も大きなポイントです。 顔や体を洗った後にシャンプーをするという人は、 ぜひその順番を逆にしてください。 背中ニキビ 治し方 シャンプー ニキビの原因の一つとして、 シャンプーやトリートメントの洗い残しが挙げられます。 髪の毛は十分にすすいだつもりでも、背中などには 洗浄剤の成分が残存していることも少なくないのです。 この成分が刺激となり、 背中ニキビを引き起こしてしまうというわけです。 ですから最初に髪を洗ってしっかりとすすぎをし、 次に顔や体も十分に洗い流すことが非常に大切になります。 そして体を洗うときには刺激の少ないボディシャンプーや石けんを使用し、 よく泡立てた状態でやさしく洗うようにしましょう。 背中ニキビ シャンプー 石鹸 もっと言えば、化学合成物資が無添加のものが、 体の健康にとっても、良いです。 スーパーやドラッグストアで安価に買えるものには、 化学合成物質がたくさん含まれています。 でも、「シャボン玉石鹸」や、「サラヤ」など、 化学合成物質を極力減らして作っている、安全なブランドもありますので、 そういったものをオススメします。

体を洗う時、ゴシゴシ洗い?

体 を洗う時、ゴシゴシと力を入れてこするのは厳禁です。 強くこすることにより肌に必要な皮脂を除去してしまったり、 すでにある背中ニキビを傷つけたりしてしまいます。 角質を傷つけることで、乾燥を引き起こすことも考えられます。 天然のバリア機能である皮脂膜が少なくなった肌は、 かえって過剰に皮脂を分泌します。 すると毛穴づまりが起こり背中ニキビも悪化させてしまうので、 くれぐれも洗いすぎには注意が必要です。   以上を気をつけるようにすると、 背中ニキビ治癒していくことでしょう。   ⇒ズバリ、背中ニキビを治すには・・・   こちらの記事も合わせてどうぞ >>>背中ニキビの治し方-背中ニキビはストレスに関係する? >>>背中ニキビが治らないと、こんなことで困る  >>>背中ニキビはなかなか治らない? >>>背中ニキビができるのはこんな人 >>>背中ニキビのスキンケア >>>背中ニキビには、背中ニキビ専用ケア製品を