ニキビ跡の改善に適しているとされている化粧品には、 実に色々な種類がありますね。

たとえば、まず化粧水に関して。

ニキビ跡改善に、化粧水はどう選ぶ?

普段から、洗顔後や入浴後のお肌は 角質層の保湿成分や肌表面の皮脂が失われ、 水分が逃げやすくなっています。

ニキビ跡改善のため、そして美肌を保つためには、 洗顔・入浴後はできるだけすぐに十分な保湿を行うことがポイントです。

このとき大切なのは、 せっかく補った潤いを逃さないようにすることです。

 

ニキビ跡 治す  方法 保湿

乾燥が特に気になる人などは、 セラミドをはじめとする保湿効果の高い成分が配合された化粧水を選ぶとよいでしょう。 (今のところ、保湿効果が一番高いのはセラミドです

ニキビができたあとのお肌というのは特に敏感になっています。

そのため、化粧水はできるだけ無添加で 刺激の低いタイプを使用することも大切なポイントです。

それからお肌のターンオーバーを促す効果が高い、 ビタミンC誘導体配合タイプは よく選ばれています。

ただ、ビタミンC誘導体が高濃度で配合されている化粧水は高い効果が実感できますが、 刺激が強いと感じる人も中にはいますので注意が必要です。

 

化粧水の効果的な付け方

さて化粧水の付け方にもポイントがあります。

化粧水をつけるときは、 できるだけお肌に刺激を与えないよう気をつけましょう。

化粧水をコットンに取るのではなく、手に取って、お肌をこすらないように、 やさしく手のひらでプレスするように付けるのがおすすめです。

 

ニキビ跡 治す スキンケア

ピーリング化粧品はどうですか?

また、ニキビ跡にはピーリング効果がある化粧品も人気があります。

角質をはがれやすくするために、 AHAなどのフルーツ酸を配合した化粧水や石鹸があります。

例えばこちら。(スーパー・ドラッグストアで1000円くらいで買えます。)

ニキビ跡 治す スキンケア AHAソープ

高濃度のものはピーリング効果も高いのですが、 その分お肌への刺激も強いということです。

元々お肌の弱い方などは改善どころか、 かえってトラブルを引き起こす可能性もありますので、 使用には十分な注意が必要になります。

はじめて使用する場合は、 まずできるだけ低刺激タイプを選びましょう。

そしてしばらくお肌の変化を見守りつつ、 使用後の経過をしっかり観察することがポイントです。

どんな化粧品を使用するときにも、 かゆみや湿疹など異常が感じられたらすぐに使用を中止して、 症状がおさまるのを待ちましょう。   

かゆみや湿疹が出ているのに使い続けるのは、絶対にNGです。酷いことになります。(何度も経験済み)

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

 

⇒トップページへ