果たしてレーザー治療はニキビ跡に有効?

ニキビ跡の治療法というと、 レーザー治療を思い浮かべる方も少なくないかと思います。
このレーザー治療とはどのような方法なのでしょうか。
 

レーザー治療は、ニキビ跡にレーザーを照射して 小さなダメージを与える方法です。
 

皮膚が持つ再生能力を刺激することによって、 色素沈着やクレーターといったニキビ跡を改善していきます。
 

ニキビ跡の種類と特徴によって、用いられるレーザーも異なってきます。
 

ニキビ跡 治す ケミカルピーリング イオン導入
 

ニキビ跡の種類と特徴ごとの処置はこのような感じ

赤みがかったニキビ跡には・・・

赤い色素に反応するVビームレーザーが使用されることが多いです。

ヘモグロビンや毛細血管を破壊することで赤みをくすませる仕組みなので、 赤みタイプのニキビ跡に効果的です。
 

色素沈着ニキビ跡には・・・

茶色に反応するヤグレーザーを使用し、 皮膚組織深くまで染み込んだメラニン色素を破壊します。
 

クレータータイプのニキビ跡には・・・

クレーターになってしまったニキビ跡の場合は、 炭酸ガスレーザーを使用していきます。

皮膚中の水分に反応する特性を持っており、 凹凸が出来てしまった部分を削るなどして クレーターを目立ちにくくします。
 

レーザー治療のしくみ

レーザー治療の基本となっているのは、 肌へのダメージによってターンオーバーを促すことで、 お肌を再生させるという仕組みです。
 

刺激が最小限に抑えられてはいるものの、 人によってはお肌にダメージを与えるという点で 何かしら問題が起きる可能性も否定できません。
 

通常では問題にならない程度のダメージなのですが、 肌が弱い方や皮膚が薄い方には刺激が強すぎることもあります。
 

ニキビ跡 治す スキンケア
 

場合によっては肌が赤く腫れてしまったり、 湿疹などのトラブルが発生するケースも見られます。
 

また肌の再生能力というものには個人差がありますから、 レーザー治療を受けたからといって一律の高い効果が得られるとは限りません。
 

レーザー治療を検討される場合には、 以上の点をよく考慮した上でクリニックを探すと良いでしょう。
 

特にお肌が弱い方は事前にしっかり知識を深めておくことが重要です。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

 

⇒トップページへ