ニキビ跡の中でも治りにくく、悩みが大きいのが クレーター状のタイプです。

肌表面に凹凸ができてしまい、見た目もとっても気になります。

メークで隠そうとしても、デコボコしているために 化粧ノリも悪くカバーしにくいクレーター、 何とかしたいという方も多いですよね。

ニキビ跡 治す ファンデーション

治りにくいといわれるクレーターですが、 原因は肌の組織破壊です。

破壊された組織が回復せずに残ってしまったニキビ跡がクレーターなのです

そのメカニズムについて簡単にご説明します。

 

ニキビ肌がクレーターになるメカニズム


まずアクネ菌が増えすぎると、免疫作用がはたらき、 白血球が活性化します。

強力な活性酸素が放出されて、アクネ菌を攻撃・死滅させます。

これによりニキビの炎症が広がることなく、 自然治癒に向かっていくのです。

しかしこの活性酸素が、炎症のない皮膚までダメージを与えてしまうために 問題が起こります。

毛細血管が破壊されて皮膚が赤くなったり、 メラノサイトが刺激を受けてメラニン色素を増加させ、 色素沈着を招いてしまうわけです。

ニキビ跡 治す方法 スキンケア

中でも、活性酸素により受けたダメージにより皮膚が硬化してしまうと、 クレーターとして残ってしまうことがあります。

ニキビを退治してくれる免疫作用が、 実はクレーターの原因につながっているなんて驚きですね。

ですから、ニキビを悪化させないことが大切な のです。

 

ニキビを悪化させないために

ニキビが気になっていじってしまったり、掻いたり潰したりしてしまいます。

するとニキビが悪化して皮膚の破壊が進む可能性も高くなります。

特にニキビを絞りだしてしまうと、高い確率でクレーターになりやすいので、 くれぐれも気をつけましょう。  

また、皮膚がもともと硬めの方はクレーターに要注意です。

ニキビ跡 治す スキンケア

 

ゴワついた肌にニキビで強い炎症が起きると、 クレーター状に凹凸ができやすいのです。

いずれにせよニキビが出来たときには、 クレーターになってしまうことのないように、早めのケアが大切になります。

適切なケアが早期に行われることで、クレーターになることを防げます。

ニキビができたら放置しないこと、 またニキビに余計な刺激を与えないことが重要です。
こちらの記事も合わせてどうぞ

 

⇒トップページへ