ズバリ、ニキビ跡の原因とは?

一度なってしまったら、回復するには相当の時間と労力が必要とされる、ニキビ跡。

そもそも、ニキビ跡になってしまう原因とは?

それが分かれば、ニキビ跡回復&美肌への近道になるかも!

ニキビ跡 治す方法 スキンケア

 

ニキビ跡の原因を把握する

ニキビ跡を治すには、 まず原因をしっかり把握して対処することが何よりも大切になります。

ではニキビ跡はどうしてできてしまうのでしょうか?

二キビ跡を分かりやすく説明するために、 皮膚の切りキズに例えてお話ししましょう。

一言でキズと言っても、 鋭利な刃で切られたキズとそうでないキズを比較すると、 治る速さや傷跡にも違いが出てきます。

ニキビ跡 治す方法 スキンケア

キズが浅ければカットバンなどで保護するだけでも、 やがてきれいに治ってしまいますね。

でも例えば同じ箇所にキズが繰り返しできると、 段々と皮膚の深い部分の組織まで破壊されていきます。

そのため、キズのできた部分に凹凸ができたり、 ケロイド状に残ったりするのです。

ニキビでも同じことが言えます。

同じ箇所にばかりニキビができると、 皮膚深部にダメージを与えて組織が破壊されます。

それがニキビ跡となって残ってしまうのです。

ニキビ跡にもいくつかあり、原因も少し異なります。

 

ニキビ跡 赤みの場合

ニキビ跡で赤みが見られる場合は、 毛穴がうっ血していることが考えられます。

ニキビが炎症を引き起こしてしまい、 毛穴の周辺がうっ血している状態です。

赤みがあるとニキビそのものだと思ってしまいがちですが、 ニキビの場合は膨らみが見られます。 膨らみがないのに赤い場合はニキビ跡と思ってよいでしょう。

 

ニキビ跡 紫色の場合

次に紫色の色素沈着があるケースです。

これはニキビの炎症により毛穴付近の毛細血管が破け、 血がにじんで固まり紫色に見える状態です。

 

ニキビ跡 茶色の場合

また、茶色の色素沈着が残ったあるのは、 ニキビの炎症で分泌された活性酸素が引き起こすものです。

活性酸素が作り出した大量のメラニンが一定量を超えてしまい、 皮膚の表面に出てくるもので、いわゆるシミの状態と同じです。

 

身近にある意外なニキビ跡の原因の一つとは

さらに意外なものがニキビ跡の原因となっている場合もあります。

なんと、使っている化粧品がニキビを悪化させ、 ニキビ跡を残してしまうケースもあるのです。

ニキビ跡 治す方法  スキンケア

お肌のために良かれと思って選んでいるものでも、 ニキビがある時には刺激が強かったり肌に負担になっていることもあります。

刺激が強いと感じるものは、使用を中止するというのも 一つの方法です。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

 

⇒トップページへ