ニキビ跡を克服した方の体験談をお聞きしました

ニキビ跡に関しては、 ニキビを悪化させなければ発生しないと言われています。

15歳頃に思春期にニキビが出来た時には、 赤ニキビや黄ニキビにまで悪化しました。

このような炎症が起こるニキビは、 治っても色素沈着や凸凹肌のニキビ跡を作るリスクがあります。

私の場合は皮膚科で治療を行ったので、被害は最小限でしたが、 皮膚科に通う前に出来た「炎症の伴うニキビ」を自力で潰した部分は 長い年月、ニキビ跡として残っていました。

ニキビ跡 治す 悩み

皮膚科でニキビを潰した時は、 潰した後にすぐに適切な消毒等をするので跡残りもせず、 跡が残ってもすぐに消えていきましたが、 自力で潰した部分は少し気になる跡が残っていました。

凸凹穴が空いた部分が少しあり、 こういう跡は完治が難しいと言われましたが、 それでも薄く目立たないようにしていく事は出来ます。

ニキビの跡は肌の深い所である真皮にまで傷がついたものです。

この真皮の傷は通常の肌の生まれ変わりでは治っていかないのですが、 それでも肌の生まれ変わりサイクルをキチンと正して、 肌にビタミンC等の栄養を化粧水で与えて行く事で、 薄くしていく事が出来ます

ニキビ跡 治す 方法 保湿

何年かかかりましたが、色味に関しては目立たないレベルまで完治しました。

凸凹部分に関しても穴が空いた感じはなく、穴も浅くなり、 遠目では全く解らないですし、じっくり観察すればかすかに見える程度です。

薄くファンデーションを重ねるだけでも、 全く目立たないレベルなので地道にケアしていく事が重要です。

レーザー治療等もありますが、基本的には完治は難しいようです。

ただし、傷が浅いとほぼ目立たなく出来るので、

・肌の生まれ変わりを促すように生活習慣を整える(睡眠・食生活等)

・肌を柔らかくするビタミンC配合の化粧品等でケアしていく

等で、ニキビ跡を対策することが出来ました。

ニキビ跡 治す 体験談(スミレさま 30代)

 

治りにくいと言われるニキビ跡も、適切な処置をすることで、 治っていくのですね!希望を持って美肌を取り戻しましょう。

美白、保湿といつも話題の成分ビタミンCを、
従来の【100倍の浸透力】

肌深部まで届ける【高浸透型ビタミンC(APPS)】配合
化粧水で凄いのがこちら

↓ ↓ ↓ 

エイジングケア

これは良品なので、私はリピート買いしています。
ツルスベ効果を早い時期に実感できます。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ 

 

⇒トップページへ