ニキビ肌の洗顔・・・つかってみんしゃいよか石鹸の悪い噂

ニキビ肌をキレイにしたいな~とお悩み方は多いと思います。

ニキビ肌をキレイにするには、

・良い睡眠をしっかり取る
・野菜中心の食生活にする

が中心となりますが、洗顔も大事な要素であります。

有名な、「つかってみんしゃいよか石鹸」という洗顔石鹸があります。
私も使ったことがあります。

ニキビを治す方法 洗顔

広告では、「この石鹸で洗うだけで、キメが細かくなって色が白くなった!」

というようなことが、利用者の声として書かれていますね。

何ですと~!?それは本当なの??
ということで、私も使ってみたのです。

つかってみんしゃいよか石鹸は、火山灰から出来ているもので、
手触りはキメの細かいクリーム状。

この細かい粒子が毛穴の中に入り込んで、汚れを吸着して、
毛穴の黒ずみをキレイにしてくれるというもの。

(火山灰には汚れを吸着する働きがあるのだとか)

毛穴を掃除することで肌のキメが整って、お肌も白くなるのだそうです。

使ってみたところ、私の肌には何も影響がありませんでした。
白くなるどころか変わらず、キメも整った感じがしませんでした。

つかってみんしゃいよか石鹸て、誇大広告!?むー(-_-)
と思いましたが、私が使い方を間違っていたのでした。

つい、使う量をケチって、泡立てネットでテキトーな泡を作って、
そのへタれた泡でサーッと洗い流していただけなので・・・。

ちゃんとした使い方をすれば、つかってみんしゃいよか石鹸の
美白・美容効果はバッチリなのです。

私の知り合いの人はこんな風に言っていました。

まず、洗顔の泡だてネットを使ってモコモコの泡を作ります。
コツを掴むと少量でも大量の泡が出来ます。

この泡が弾力があり、肌に当てた時に優しく包み込んでくれるのが分かります。
しっかりとした泡なので、洗っている最中に泡が消えてしまうこともありません。
使用感は非常にサッパリとしており、泡切れも良いです。

洗った後に洗顔料が残る感じが嫌いな方には特におすすめです。

しかも洗った後は本当にキメが整っているのが実感できます。
もう慣れてしまいましたが、使い始めは洗顔の時間が楽しく感じられたほどです。

今では恐らく7年ほど使い続けています。
まずは、実際に使って感じてもらいたいと思います。

 

なるほど、しっかりと固い、たっぷりのモコモコの泡を作ることが肝心なのですね。

これくらい
↓ ↓ ↓

ニキビを治す方法 洗顔

ケチでせっかちな人には向かないかもしれません。

でも、洗顔ぐらいは丁寧にやりたいものですよね。

それから、泡洗顔にNGを出す美容ブログも多数見かけますが、
泡洗顔が悪いわけではないと思いますよ。

汚れが優しくしっかり落とせて潤いも保てるなら、
泡洗顔でも泥洗顔でも良いと思います。

つかってみんしゃいよか石鹸、お使いになる時はケチらずに使うと、
ニキビ肌もキレイになること間違いなしです。

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ