ニキビが出ている時の洗顔、これをやったら逆効果

ニキビが出来ている時、どのくらいの回数洗顔したらいいのでしょうか?

ニキビには洗顔ね!とばかりに、1日に何度も洗顔したりしていませんか?
これは間違い!

ニキビ治す 洗顔
過剰な皮脂が、すぐににニキビに繋がると思われがちですが、
それは違います。
もちろん、皮脂の過剰もニキビの原因の一つであることは確かですが、
ニキビが出来るには、他にも生活習慣・肌環境などの、
いろいろな要素が絡み合っているものです。

不規則な生活、栄養のバランスが取れていない食事、睡眠不足・・・
心当たりは有りませんか?

 

ズバリ、ニキビが出来ている時の、正しい洗顔とは

洗顔は、1日2回程度(朝1回夜1回)
汗をかいたら、柔らかいタオルで抑えるように拭く程度で良いのです。

何故かというと・・・、

ニキビは、毛穴の出口の角質が厚くなり、毛穴が詰まったところに皮脂がたまり、
それをエサに、アクネ菌が繁殖することによってできます。

毛穴の詰まりを取ろうとして洗顔をしすぎると、
必要な皮脂(肌のバリアの役割をしてくれている)まで取ってしまうことになります。

皮脂は「肌の水分の蒸発を防ぐ」という重要な働きがあるので、
それが無くなると、肌が水分をキープできずに乾燥します。

そうなると、皮脂は「これ以上に乾燥させてはダメだ」とばかりに、
どんどん皮脂を分泌するので、以前にも増して毛穴が詰まるという
悪循環になってしまいます。

ニキビを治す方法 肌トラブル

また、私たちの皮膚には「常在菌」という、私たちにとって必要な、
微生物(細菌)がいるのですが、この常在菌は皮脂を栄養素としています。

常在菌によって皮脂が分解されると、皮膚は弱酸性となり、
肌のpHが弱酸性寄りになることで、病原菌の増殖を防いでくれるという役割があるので、
皮脂は肌を守る大切な存在なのです。

 

ニキビ肌はこんな風に洗顔しましょう

まず手を洗って清潔にします。

人肌に近い温度のぬるま湯(36度前後)を軽く顔にかけて濡らします。
洗顔フォーム・洗顔石鹸でよく泡立てた泡を作ります。

泡立てネットを使ってもOK.
その際は、水分をあまり多くせずに泡立てて、
手のひらの泡が、裏返しても落ちないくらいの固い泡を作ることがポイントです。

ニキビを治す方法 洗顔

油っぽい所から、
Tゾーン(おでこ、鼻)→ Uゾーン(頬、顎まわり)→ 目元の順番で、
クルクルと円を描くようになでて、洗い流します。

仕上げに、ぬるま湯で全体を洗い流します。

*生え際の洗い流しがないように気をつけましょう。

最後に清潔なタオルで
ポンポンと軽く押さえるようにして拭きます。

洗顔料にも注意を

お肌の状態に合わない洗顔料を使ったり、間違った洗顔をしてしまうと、
ニキビをさらに悪化させてしまうこともあるので注意。

では、どんな洗顔料で洗顔すればいいの?
ニキビが出来ている時は、ニキビ専用の石鹸・洗顔フォームを使うのが一番

ニキビを治す成分が入ったこちら
↓ ↓ ↓
薬用ニキビ洗顔石鹸ノンエー

ここだけの話、
泡立てネットで使えばこの1つが4~5か月くらい持ちますヨ!

 

118.152.98985.112

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>大人ニキビを治す方法・ターンオーバーを整えるには
>>>大人ニキビは、なぜ同じところに繰り返しできるのか?40代以上の場合
>>>40代大人ニキビの治し方・・・ズバリ何が有効か?
>>>40代の大人ニキビの正しい治し方とは?
>>>40代大人ニキビはどんなものか?
>>>大人ニキビがなかなか治らず繰り返すのは何故?その本当の理由とは
>>>大人ニキビが10日で治る!効果のある成分
>>>大人ニキビを治すために効果的な洗顔法とは?
>>>大人ニキビの原因とはズバリ?
>>>大人ニキビに良い食べ物
>>>ニキビとホルモンの関係(男性の場合)
>>>大人ニキビを治すスキンケア
>>>大人ニキビを治す~本気で食生活を見直す
>>>大人ニキビを治す生活習慣はこれだ!

 

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ