ニキビに油分はNGなので、ニキビが出来ている時の保湿は何がいいの?

ニキビに油分はNGです。
洗顔後、さっぱりとした化粧水を付けて、その後保湿をするのですが、
乳液・クリームは油分だから塗らない方がいいのでしょうか・・・?

大人ニキビを治す方法

化粧水を付けた後は、乳液やクリームでフタをしなければ、
水分が蒸発するのと一緒に肌に必要な水分が逃げて肌が乾燥してしまいます。

肌の乾燥は、ニキビを悪化させてしまいます。

それなので、化粧水でお肌を潤したら必ず、
乳液やクリームでフタをしなければいけません。

 

でもニキビが出来ている時は、乳液やクリームなどの油分はNGなのでは・・・?

私も常々思っていました。

大人ニキビには肌の保湿が第一!とばかりに、
化粧水を何度もハンドプレスでパッティングして、保湿保湿と、
美容液を重ね、クリームを重ね・・・していたら、
毛穴が詰まってしまい、よけいにニキビが酷くなってしまいました(> <)

 

毛穴が詰まって肌荒れが酷くなって困った!そんな時はコレ!

大人ニキビのケアには、保湿は大切です。
ただ、乳液やクリームには油分が入っているので、ためらってしまいます。

そこで見つけたのが、油分が入っていないジェルタイプの保湿液です。

油分が無くても、しっかりと水分をお肌に閉じ込めて保湿してくれます。
油分が入っていないので、ニキビ肌に優しく安心です。

>>>リニューアルされて新発売のオルビスの薬用クリアシリーズ

↑↑↑ こちらの、「薬用クリアモイスチャー」が、ジェルタイプの保湿液になります。

ニキビを治す方法 オルビス新

サラッとした使い心地ですが、しっかりと保湿してくれます。

保湿液の使い方

化粧水でお肌を潤した後に、保湿液を塗ります。
(うるおいを肌の外に逃がさないように)

まず1円玉くらいの量を手の平に出して、両手を合わせて軽く温めます。
(多すぎると逆効果)

頬を手で包むようにして、顔の中心から外へやさしく押し当てるように動かします。
(優しく・がポイントです)

大人ニキビ 治す 保湿

その後、顏の中心から額、目元や口元は更に優しく、
鼻は指先の腹でなじませます。

もう一度両頬を両手で押さえ肌に成分を浸透させておしまい。

耳の前から下へ、首まで手を動かして、軽くリンパを流すと更に良いでしょう。

 

ジェルタイプの保湿液は乳液と違って油分を含んでいないので、
大人ニキビのケアにピッタリです。

 

ジェルタイプの保湿液は、こちらのラインに
↓ ↓ ↓
>>>リニューアルされて新発売のオルビスの薬用クリアシリーズ

 

サイクルプラス

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ