ニキビができた時には、 そのカラーによって名前や特徴も違っています。 白いニキビができたら「白ニキビ」といわれているのです。 白ニキビは、別名では「閉鎖面皰」という名前がついています。 白ニキビはいくつかあるニキビの中でも、最も初期にできるニキビですから、 白ニキビの段階で正しいケアを行うと、 重症にはならずに済みます。 そこで気になるのは、白ニキビはどうしてできてしまうのでしょうか? 白ニキビの原因で1番よくあるのは、 お肌が不潔になったことです。 清潔を保っているお肌にはニキビは出来にくいものですが、 不潔な環境になった時には、すぐにニキビができてしまいます。 白ニキビを作らないようにしていくために重要なことは、 お肌をいつでも清潔にキープすることです。 毛穴の奥に汚れがつまった状態で、お肌を放置しないケアが大切です。 毛穴の奥に汚れがつまっていたら、ばい菌や雑菌が繁殖して 白ニキビになってしまいます。 更には、生活習慣が乱れていて、規則正しい生活ができていない時にも、 白ニキビができてしまいます。 いつでもお肌を清潔に保って、 規則正しい生活を送っていくことを心がけていきましょう。