背中ニキビはなかなか治らない?

背中ニキビはなかなか治らなくさせているものは?

背中のニキビがなかなか治らずにお悩みの方も多いですね。

はじめは数えるほどだったニキビが、
治るどころか広がってしまうことも少なくありません。

顔のニキビとは環境が違う背中ニキビ

背中ニキビというのは、実際顔のニキビよりも治りにくいとされています。

それは顔と背中では色々な面で環境が異なるためです。

顔にくらべて背中というのは、
ニキビが悪化してしまう条件が重なりやすいといえます。
そのさまざまな原因を見ていきましょう。

汗をかいた時の処置

まず大きな原因となるのが汗です。
背中はどうしても汗をかきやすい傾向にあります。

衣服におおわれていますので、汗をかいても発散されずに蒸れやすいのです。

 

背中ニキビ 汗

顔に汗をかいたらこまめに拭き取ることができますが、
背中はそうもいきません。
かいた汗がそのまま残り、不衛生な状態になってしまいます。

 

下着や衣類が原因することも

下着の締め付けや衣服のこすれがニキビを悪化させるケースもあります。

ブラジャーで圧力がかかったり、
下着や洋服の金具やボタン類が刺激となることもあります。

日常的に何かにもたれかかることも多いですから、
背中は常にこすれて刺激を受けていることになります。

ニキビの最大の原因、皮脂&アクネ菌

背中ニキビが出来やすい人は、
ニキビの原因となる皮脂の分泌も盛んです。

過剰な皮脂のせいで毛穴がつまり、アクネ菌が増殖する原因となります。

皮脂が汗や汚れとまざりあうことも、ニキビを増やすことにつながります。

ニキビの意外な原因‐乾燥

また乾燥肌の方は、皮脂の分泌が少ないせいで十分な皮脂膜が作られず、
バリア機能に欠けてしまっている状態です。

すると肌の角質が硬くなり毛穴づまりにつながるので、
やはりニキビができやすく治りにくくなってしまうのです。

何より背中は自分でケアしにくい

背中は何かにつけてケアしにくい場所です。

顔のように鏡で丹念に観察することも難しいですね。
体を洗うにもしっかりと手が届きにくく、
汚れが取りきれていない可能性があります。

そしてニキビケアに大切な保湿も、十分には行いにくいといえるでしょう。

以上のような要因が、背中ニキビを治りにくくしているポイントです。
しかし背中ニキビも比較的治りにくいとはいえ、
時間をかけて丁寧にケアすれば治療が可能です。

⇒ズバリ、背中ニキビを治すには・・・

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>背中ニキビができるのはこんな人
>>>背中ニキビのスキンケア
>>>背中ニキビには、背中ニキビ専用ケア製品を
⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ