ニキビ跡にはどのような治療法があるのか

ニキビ跡の治療は

 

ニキビそのものは、ほとんどが数日~数週間のケアで治ります。

しかしニキビ跡になってしまうと、
なかなか簡単には消すことができません。

ニキビ跡の治療には時間がかかるということを
頭に入れておく必要があります。

正常な肌のターンオーバーはおよそ28日前後です。
治療を施しながらターンオーバーを繰り返すうちに、
ニキビ跡は薄くなっていくのです。

すぐに結果が出ないからといって諦めずに、
根気よくケアを続けていきましょう。

ニキビ跡 スキンケア


ニキビ跡用化粧品

 

ニキビ跡の治療で最も身近なのが、化粧品を使う方法です。

特に色素沈着が原因の場合には、
美白成分や美容成分が入った化粧品が効果があります。

また、ニキビ跡の治療中に
新たなニキビができてしまったらショックですよね。

そのような事態を防ぐためには、刺激の少ない化粧品であったり、
保湿効果や抗炎症効果があるものを選ぶと良いでしょう。

ニキビ跡をきれいにしつつ、肌本来の強さと健康を取り戻すことができれば、
理想的といえますね。

ニキビ跡 スキンケア 美肌

生活習慣を改めて、体の内側から変えていく

 

生活習慣そのものを見直してみましょう。

生活が不規則だったり、栄養の偏った食生活をしていませんか?
運動不足・寝不足だったりしませんか?

これらの習慣を改めることで、お肌の再生力も高まり、
ニキビ跡の治療につながります。

見落としがちですが、結構重要なところです。

ニキビ跡 治す 睡眠


最新テクノロジーに任せてみる

 

さらにケミカルピーリングという方法も人気の治療法です。

フルーツ酸などを用いて治療箇所の角質層をはがして新陳代謝を活発にし、
肌を新しく再生させる方法です。

また、皮膚科での治療では
ローションやクリームタイプの外用薬が処方されたり、
抗生物質が使われることもあります。

そして最も即効性が高い治療法の一つに、レーザー治療があります。
効果も即効性も高いのですが、
費用が高い、通院の手間がかかるというデメリットがあります。

ニキビ跡 治す


クレーターになってしまったニキビ跡には

 

クレーターになってしまったニキビ跡の場合は、
治すには時間がかかってしまうことを頭において、
ケアに取りかかります。

硬化したコラーゲン組織を新たに生まれ変わらせる治療や、
コラーゲンの生成を活発にする方法も用いられます。

コラーゲンの増加により肌の凹みを盛り上げていく方法です。

同じ場所に何度もできたり、いじって悪化させてしまったニキビは、
ニキビ跡も消えにくくなります。

まずは、ニキビ跡を作らないよう、
ニキビの炎症がひどくならないうちに治す対策を始めることが大切です。

 

118.152.95.19012

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>ニキビ跡-なぜクレーターになってしまうのか?
>>>ズバリ!ニキビ跡の原因とは?
>>>果たしてケミカルピーリングはニキビ跡に有効なのか?
>>>ニキビ跡を治す方法-その3
>>>ニキビ跡を治す方法-その2
>>>ニキビ跡にピーリング?
>>>ニキビ跡にレーザー治療?


⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ