ニキビを治す方法(4) 「間違ったスキンケア」とは?

ニキビを治すために「間違ったスキンケア」とは?

ニキビの原因となる、間違ったスキンケアとはどういうものなのでしょうか。
今回は、主に洗顔について深めていきたいと思います。

まず、ニキビを治すために、何が大切でしょうか?

それは、

・お肌の刺激にならないマイルドな洗顔

・保湿を十分にすること

です。

保湿

マイルドな洗顔のためにNGなもの スクラブ入り洗顔料はどうか?

基本的に、スクラブ入りの洗顔料は、
小さな粒が肌に刺激を与えてしまいます。
ニキビがある時は、炎症をさらに悪化させてしまう可能性があります。

hadaare

ただ、今はニキビを良くする成分が入った極微粒子のスクラブ剤もありますので、
使用する製品をチェックしてくださいね。

 

マイルドな洗顔のためにNGなもの オイルタイプのクレンジングはどうか?

メイク汚れを良く落とすと大人気の、オイルタイプのクレンジング剤。
それはつまり、脱脂力が非常に強いということなので、
実は、お肌に必要な皮脂までも取り去ってしまいます

そして、その状態がお肌を乾燥させてしまいます。

2013-11-26_115858-300x236 41LbD%2BdzKzL._SY300_

私は、メイクはバッチリする方だったので、
しっかり落とさなければ!という使命感にかられ、乾燥肌ですが、
ファンケルのマイクレンジングやDHCのディープクレンジングオイルを、
長年愛用していました。

若い時は良かったのでしょうが、
長年の蓄積でしょうか。突然肌の乾燥が酷くなり、
オイルクレンジングの使用を止めたら乾燥が良くなりました。

(マイクレンジングは乾燥肌にも優しいと評判でしたので、
大丈夫かと思ったのですが・・・)

ニキビ肌の人も、実はオイルクレンジングはNGです。
オイルクレンジングは先ほど書いたように、脱脂力が非常に強いので、
お肌に必要な皮脂までも取ってしまいます。

そしてそれがお肌の乾燥を招き、肌の防衛本能が働き、
皮脂の分泌が促進され、逆にニキビを増やしてしまう可能性があるのです。

 

泡洗顔は本当にお肌に良い?

モコモコの弾力のある泡が、汚れを吸着してお肌を優しく洗い上げます・・・て、
一時期私も泡洗顔がお肌に良いと信じて疑わなかったので使っていましたが、
実は乾燥肌にはNGでした。(ということは、ニキビ肌にもNGです)

2013196163134

モコモコの泡は、“界面活性剤”で出来ています。
実は界面活性剤の泡立ちと洗浄力は比例しないとのことです。

脱脂力の強い洗顔料は、肌の汚れを良く落としますが、
同時に必要な潤いまで奪ってしまうことで乾燥肌を招き、
ニキビができやすい環境を作りだす原因となります。

 

それではお肌に優しい洗顔とは?

ひと昔前のニキビケアの常識は、
「ニキビ=しっかり洗顔する(1日に何度も)」でした。
でも、今は違いますね。

342imgh3b

洗顔は一日に2回、多くて3回で十分です。
それ以上は、必要な油分まで落としすぎてしまいます。

そして今の時代、
お肌に優しい洗顔料は天然のクレイ(泥)が主成分の洗顔料です。

クレイで洗顔すると、お肌の大切なバリア機能が守られるからです。

その理由は、クレイは毛穴の汚れや過剰な皮脂だけを取り除いて、
肌に必要な潤いは残すからです。

汚れをしっかりと落としながらも、
肌が本来持っている防御機能を守ってくれるので、
ニキビ肌に効果が高いのです。

 

クレイが主成分の洗顔はこちら

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen

こんなニキビケアはじめて!ルナメアAC1週間お手入れキット1,000円+税

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>ニキビを治す方法(3)睡眠を十分に摂る
>>>ニキビを治す方法(2)ホルモンバランスを整え、ストレスを解消する具体的方法
>>>ニキビを治す方法(1)ニキビの元となる原因について
>>>ニキビを治す「ディフェリンゲル」という薬
>>>ニキビを治す方法・・・ニキビケアで絶対に気をつけたいこと編
>>>ニキビを治す方法・・・「保湿」編

 

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ