ニキビ跡の克服体験談・その1です。

基本的なことがものすごく大切なのですね~!!

私は思春期ニキビはもちろん、大学時代に卒業論文が大変で、 その頃のニキビが一番酷かったです。

ニキビ跡 治す 方法 スキンケア

思春期ニキビはオデコや鼻などにできていてすぐに治っていましたし、 跡もそんなに残っていませんでした。

大学時代のニキビは頬に痛々しいほどあり、化粧をしても目立ってしまうほどでした。

忙しく休む暇がなかったので、 徹夜が多く睡眠不足と大きなストレスが原因だと思います。

思春期ニキビは治ると跡が残っていませんでしたが、 大学時代のニキビは治っても完全には消えずシミのように残ったり、 クレーターなどが出来ていました。

そこからニキビが再発し、酷いものでは皮膚の表面を触ると普通なのですが、 皮膚の中に血や膿の塊ができていて真っ赤になっていました。

1年経過しても治ることはなく、化粧をしても跡は目立っていました。

社会人となっても跡が治る気配がなかったので、 ニキビケア商品を購入しようと考えお店に行きました。

ニキビ跡 治す 方法 スキンケア

お店の方が肌の状態をチェックしてくださるとのことだったので、 チェックしていただきました。

そこで分かったのが、基礎的な肌のケアができていないということでした。

私は顔があぶら性で、保湿などを全然やっていなかったのですが、 肌の水分が足りてないから、あぶらで補っている、 それがニキビに繋がるとのことでした。

クレンジングなど顔の洗い方も間違っていたそうなので、 基礎を教えていただきました。

ニキビケア商品は売ってはいますが、 買って使用しても基礎ができていなければ意味がないそうです。

1.まず洗顔をきちんと行う

2.その後にふきとり

3.化粧水をつける

4.乳液をつける

5.綺麗になった毛穴を氷で冷やす


ニキビ跡 治す 洗顔

という順番で行うと、大抵顔の状態は良くなるそうです。

私も実際にこれを行いニキビ跡も無くなりました。

それとニキビケアは続けることが大切です。 すぐには良くはなりません。

ニキビケア商品に頼るのもいいですが、 まず自分のスキンケアがしっかりできているのか見直してくださいね。

ニキビ跡 治す 体験談(REIさん 20代 )

基本が大事!!
とても参考になりますね!

⇒トップページへ