季節の変わり目というのは、お肌はとても敏感になるものです。

 

この時期は肌質が急に変わったり、 ひどい乾燥、ニキビに悩まされる方も多いことでしょう。

 

ニキビ対策として、 洗顔をきちんとすることや、ニキビ用の化粧品を使うことなどありますが、原因は様々です。

 

例えば、ストレスや偏った食生活

 

偏った食生活はニキビだけでなく、 体内にも色々影響を及ぼし、最悪、病気になってしまいます。

 

ここ最近特に、食生活が欧米化してきています。

 

特に注意したいのが、脂っこい食事やジャンクフード。 手軽に食べられて、早い、安い、うまい!?(笑)

 

595201

 

ただこのジャンクフードには、腐らない薬(防腐剤)が たくさん使われていて、 某有名なハンバーガーショップのハンバーガーやポテトは、 2~3ケ月常温で放置しておいても、見た目もあまり変わらず、 カビも生えないのだそうです。

 

細菌も食べない食べ物を人が食べて、 体に言い訳がありませんよね。

 

話は変わりまして、 体をつくるのに必要な栄養素の一つがビタミンEです。

 

これは美肌にもいいとされています。 ビタミンCと一緒に接種すると吸収率もあがります。

 

ビタミンEが含まれていて、 手軽に家庭でもとれる食品をいくつかあげますと、 うなぎ、うなぎ(きも)、いわし、はまち(生)、いくら、 たらこ、ほたるいか(生)、 柿、 アボカド、かぼちゃ、大根の葉、しそ、アーモンド、 オリーブのピクルス、等々

 

ニキビを治す方法 アボカド

 

ちなみに一日に必要な量は、成人で8㎎とされています。 (摂り過ぎると血が固まりにくくなることがあるそうなので、 注意が必要です)

 

こうしてみてみると、この時期の旬なものを食べることが、 その季節、季節で体の調子を整えるんですね。

 

整うことによってニキビのない、”美肌”につながっていく一つの鍵となりそうです。

 

⇒トップページへ