赤ニキビ(赤ニキビの原因)

「ニキビは赤いもの」と思っている方がいらっしゃいますが、
実はその他にも、さまざまな色のニキビができます。

赤ニキビは各種のニキビの中でも、
なってしまう方が多い代表的なニキビです。

では、どうして赤ニキビができてしまうのでしょうか?

赤ニキビは、別名では「丘疹」とも言われています。

赤ニキビは皮膚から脂がたくさん分泌されてきて、
その脂が毛穴に詰まることが主な原因です。

毛穴に脂が詰まると、
皮膚に常在するばい菌の「アクネ桿菌」が増えてしまいます。

アクネ菌は増殖する段階で、
「遊離脂肪酸」というお肌には有害な物質を作るので、
赤ニキビの主な原因になるのです。

赤ニキビはそのままに放置すると、
どんどん大きくなって潰れてしまいますし、
1つではなくて顔中にできることも特徴的です。

早めに赤ニキビの原因を見つけて対処しないと、
新しい赤ニキビができてしまうでしょう。

念入りなお肌のケアーを怠ったためにお肌が傷んだ時にも、
赤ニキビはできてしまいます。

例えば、日焼けも赤ニキビの原因になり得るのです。

紫外線に当たるとお肌が大きくダメージをうけてしまいますので、
赤ニキビのボツボツができやすくなります。

お肌を清潔に保って、日に焼けないように注意をしていきましょう。

201212596116

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ